IT SOLUTION Webdesign

サイト制作

弊社のWEBデザインはビジネスのための最善策を作成することを目的としています。
だからWEBデザイナーは戦略および開発プロセスからヒアリングに参加します。
そして、御社のビジョンとデザインを組み合わせることによって、ユーザーに対して動機付けをし、サイトを成功に導きます。

WEBサイトの企画 ポータルサイト 多言語サイト WEBサイトデザイン制作 大規模サイト構築

WEBサイト構築後の集客を見据えたプランニング

WEB制作の仕事とは、実制作だけではありません。
企画周りの工程は、実制作以上に重要です。ところが、一般的には企画の業務経験がないままWEBサイト制作を進めているケースが多い現状です。
Cyber N2では、「WEBプランニング」は「WEBデザイン」を行う前の設計段階という意味で一体と考え、 基本設計段階からプランナーが打ち合わせさせていただく場合があります。

技術とトレンドや立ち上げ後の運用コストを考慮したサイト設計

時代ごとにWEBデザインは変化し、いつの時代もユーザーの視線と心を釘づけにできるよう創意工夫されています。
例えば、難しいデザインのテクニックが無くても、その時々のトレンドをうまく取り入れるだけで、斬新なサイトにも見えます。
ユーザーの多くは画面スクロールに抵抗感がなくなり、とりあえずWEBサイトが表示されれば下にスクロールする人が劇的に増えてきています。
こうした現象を踏まえ、WEBデザインにおいては従来の「ファーストビュー(サイトトップ画面)」より 「スクロールビュー」を重視する傾向になっています。
また、PC、タブレット、スマホなど多品種のデバイスに対応するために、従来のサイドバーを活用したWEBデザインより「シングルカラム」のWEBデザインが主流となってきています。

ユーザビリティに配慮したWEBデザイン

ユーザビリティは、「単なる使いやすさ」のことではありません。WEBにおいては売り上げや成果などビジネスを左右する重要な概念です。
WEBのユーザビリティはユーザーの行動、心理、目的などの分析を踏まえて、戦略的に誘出するサイトのあるべき姿であり、WEBマーケティングそのものであると言えます。ユーザビリティにおいて「ユーザーは誰なのか?」「ユーザーはどんな行動をするのか?」「ユーザーはどんな状況にあるのか?」を設定し、画面の表層的なわかりやすさ・使いやすさではなく、ユーザビリティの正しい考え方に基づき、「ユーザーの特定状況」を踏まえて行動心理を分析することが重要です。

WEBサイト制作の流れ

サイトの制作実績

ページトップへ