IT Solution responsive design

レスポンシブデザイン

サイトにアクセスしたユーザーの環境(画面サイズ)に合わせて、デザインを自動的に切り替えるのがレスポンシブデザインです。
PCやスマホ、タブレットごとに表示が最適化されるので、どのユーザーにとっても見やすく、操作しやすいサイトを提供することができます。
ひとつのhtmlファイルを制作するだけで済むので、デバイスごとに更新やコンテンツ管理を行う必要がないのも大きな魅力です。

レスポンシブデザインは、コンテンツ内容によっては適さない場合がありますが、Cyber N2では、
豊富な実績に裏打ちされた表現力と技術力で、最適な手法をご提案いたします。

このような場合に

  • ・PCサイトをスマホにも対応させたい
  • ・PC / スマホのURLを統一したい
  • ・更新作業の負担を軽くしたい
  • ・コンテンツ管理を一元化したい

ワンソースでデバイスごとに表示を自動で最適化

レスポンシブデザインと通常サイトとの違い

  レスポンシブデザイン 通常のサイト
導入

既存サイトがあっても改めて
サイト設計を行う必要がある。

PC・スマホ用
それぞれにhtmlファイルが必要。
表示スピード

解像度の高い画像などサイトを構成する
すべての要素を読み込むため、
デバイスによって表示に時間がかかる場合がある。

スマホ用専用の軽いデータを用意することで
表示が早められるが、アクセスごとにリダイレクトしないと
最新の情報が表示されない。
SEO対策

Goolgle推奨のOne Web手法のため、
検索順位向上が期待できる。

PC、スマホとデータが分かれているため、
個別での対策が必要。
費用

ワンソースの制作で済む。
運用コストも抑えられる。

初期費用は抑えられるが、PC、スマホ
それぞれに運用コストが発生。
運用

ひとつのhtmlファイルの修正で済むので、
更新作業の負担が軽減され、
かつコンテンツも1回で管理できる。

PC、スマホごとに更新作業とコンテンツ管理を
行う必要があり、作業が二重になる。

レスポンシブデザインの制作実績

ページトップへ