IT SOLUTION e-book

ePUB

電子書籍・電子カタログ ePUB

リフロー型ePUB3で、日本語文章「縦書き、圏点、禁則処理」対応。
DTPデータからePUB電子書籍を作成。
印刷底本からテキストを起こして、ePUB電子書籍を作成できます。

ePUBの特徴
電子書籍フォーマット「ePUB」は、 アップルiBooks、楽天Kobo、アマゾンキンドルなど多くの企業で採用されています
(キンドルはmobi形式)。
最新仕様のePUB3では、日本語文書の「縦書き」「圏点」「縦中横」などが表示可能となったことや、アマゾンキンドルの日本国内向けストアが
オープンされたことで、多くの電子書籍本が販売されています。
Cyber N2では、電子書籍の元となる底本からのテキスト入力をはじめ、リフロー型ePUBデータの作成・変換、キンドル形式mobiデータの作成など、電子書籍に必要とされる業務を行っています。

ePUBの具体的な使用例

ePUBは、htmlやcssなどウェブ作成のために作られたフォーマットに準拠しており、「個人用途、商用問わず、誰でも自由に無料で利用できる」という特徴を持っています。
現在、『Amazon』や『楽天Kobo』など、国内外の電子書籍サイトで扱われている電子書籍フォーマットも、このePUBをベースにしたものが主流となっています。
また、ePUBは、文字の大きさや文章の折り返しなどをユーザーが変更できるのが大きな特徴です。
端末やユーザーの設定方法によって、自由にレイアウトが変動するリフロー型の電子書籍ファイル形式になります。
これらの特性から、雑誌や絵本、写真集といった「見ること」が中心となるビジュアル表現中心のコンテンツよりも、小説や学術論文、
説明書など、「読むこと」が中心となる書籍のデータ制作に向いています。

ePUB制作サンプル

ePUBのサンプルファイルをご用意しました。タブレットなど、ePUBに対応した端末で閲覧してください。

ePUBサンプルダウンロード

«電子書籍にもどる

ページトップへ